のんの日記。
フレンチブルドッグ「のん」の日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悲しい話
昨日の『世界仰天ニュース4.5時間SP』で、
死を待つ親子の犬に奇跡が・・・』という話題がありました。

内容としては保健所に収容された犬の親子の話だったけど、
その映像を見ていた時に、ほんの一瞬だったけど
ブリンドルの子が映っていました。

番組内で紹介した話はハッピーエンドだったけど、
その他の犬達の現実としては、収容される8割以上が
自分たちの望まぬ形で最後を迎えることとなります。

最近では空前のペットブームと言われますが、
気軽にペットを迎える人が多すぎると思います。
(私も含めてですが)

犬を飼う、生き物の生命を預かるというのは、
本当に大変なことであって、
生命に対する責任は、人のそれと同じだと思います。

そう考えると今のペットブームは嬉しくないし、
フレブル人気についても、正直複雑な思いがあります。

もちろん多くの人は、その大切さを身をもって感じ、
そして最愛の家族として共に過ごしていることと思いますが、
一部の心ない人により、悲しい犬達が増えているのもまた事実です。

今の自分は立派な人間ではなく、
これらの施設で死を待つ犬達を迎え入れられる程の
経済的な余力も、慈愛の心もありません。

ただこれだけは言えます。
私はのんを大切な家族だと思っていますし、
これから先もその気持ちは変わることはないでしょう。

話は上手くまとまらないけど、
今一度、犬を飼いたい人には、色々な物事を考えて貰い、
最悪のケースを考えてから、家族にするか否かを考えてほしいと思います。

人気blogランキング
コメント
この記事へのコメント
tomoringoさん>
こういった現在のシステムは色々と問題点がありますよね!

何だか貰い手を探したりと、
何だか生き物をレンタル品みたいに扱われている
気がして非常に気になります。。。

やっぱり1番イイのは、
飼い主が最後まで責任を持って共に過ごすことですよね!!
2008/09/28(日) 02:18:46 | URL | ヒロ #-[ 編集]
私も見ました。
それで思ったことなんですが
飼えなくなったからといって
施設にワンコを連れてくる人は
貰い手を探すことも人にゆだねて
貰い手が見つからないときの処分も人にゆだねて・・・。
あまりにも無責任過ぎます。
ワンコを処分するというツライ作業までも
人にゆだねることができるシステムがあるんですもんね。
自分で処分しないといけなくしたら
簡単には手放さないような気もします。
いくらなんでも自分がかわいがってた子を
自分で処分するなんてできないですもんね。
そういう風にすればいいのに・・・って思いました。
2008/09/27(土) 00:16:15 | URL | tomoringo #-[ 編集]
どれ母さん>
その気持ち良く分かります。

うちも親が動物が苦手なので、
ゆいが生まれる前はアレルギーとか平気なの!?
というのは良く言われてうんざりしました。。。

だけど一緒に住んでいると
もう立派な家族の一員なんですよね!
だから手放すとか意味が分からないし、
上手に共存して暮らしていくしかないですよね(`・ω・)b
2008/09/26(金) 02:02:40 | URL | ヒロ #-[ 編集]
こんばんは。お久しぶりです!
ペット事情、難しいです。。。
今回のうちの子の入院で、やっぱりアンドレががいることが
喘息にいけないのかな?と、ちらっと思ったのですが
(医者にも犬猫飼ってたりしない?と訊かれたし)
でも、アンドレは家族だから、離れたくはないわけで・・・
幸い、まだ、アレルギー検査をしていないので原因が犬猫と
決まったわけではないし
もし、決まっても一緒に暮らしたいと思うわけで・・・
でも、やっぱり動物と暮らしたことのない人は、手放したほうが良いと
簡単に言うんですよね~。
なんか、うまく言えないしまとまらないし長くなりましたが、
とりあえず、なにがあってもアンドレは家族であり、
そーたのお兄ちゃんだから
手放すとかは、考えられないですね。
2008/09/26(金) 01:37:59 | URL | どれ母 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。